Jリーグ世界に通用する身体つくり >> 成長ホルモンとドーピング

成長ホルモンとドーピング

成長ホルモンドーピングになると思っている人は多いと思います。


オリンピック出場選手は、最高のパフォーマンスを出すことができるよう『最高の体』を準備して大会当日に臨みます。
『最高の体』の定義は各種目によって異なるため一概には言えませんが、低い体脂肪率と豊富な筋肉量はほとんどの競技で必要になります。

選手を見ると無駄のない絞り込まれた体をしています。

この低い体脂肪率と豊富な筋肉量を得るために必要不可欠なホルモンこそが成長ホルモンなのです。


成長ホルモンの分泌量が減少すると以下のような症状を引き起こします。
・筋肉量の減少
・基礎代謝量の減少による体脂肪率上昇
・若い頃よりも筋肉痛が治るまでに時間を要するようになる
・体力の低下
・疲れやすくなる

筋肉を合成するためにも低い体脂肪率の体を維持するためにも、体内から放出される十分な成長ホルモン量は欠かせません。
そのため、最高の体を手に入れる為の闘いは『如何にたくさんの成長ホルモンを出すかの闘い』と言えます。


成長ホルモン注射やサプリメントの外部摂取はドーピング
フェアプレーを基本とするスポーツ競技の現場において、成長ホルモンの外部摂取(自分の体内から放出される成長ホルモン以外を注射によって摂取すること)はドーピングと扱われます。

しかし、当サイトで紹介しているHGH-21Program は自分自身の成長ホルモンを分泌させるサプリメントのため、国際オリンピック委員会(IOC)、日本オリンピック委員会(JOC)ならびに世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の定義するアンチ・ドーピング規定はじめ各種機関におけるアンチ・ドーピング規定に該当していません。

>>成長ホルモンサプリメント「HGH-21Program」の詳細はこちら<<


成長ホルモンについて
成長ホルモンは先天的低身長症治療薬>>
牛乳と身長の関係>>
身長と遺伝の関係>>
身長と収入の関係>>
女性から見た理想の身長>>
成長ホルモンとドーピング>>



貯蓄術