Jリーグ世界に通用する身体つくり >> 成長ホルモンは先天的低身長症治療薬

成長ホルモンは先天的低身長症治療薬

成長ホルモン先天的低身長治療薬として有名です。

成長ホルモン「HGH(Human Growth Hormone)」は人間の成長には欠かせないホルモンで、特に医療現場では先天的低身長症治療薬として用いられています。


成長ホルモンは脳下垂体で分泌された後、主に肝臓に働きかけ、軟骨細胞を増殖する作用がある IGF-1(ソマトメジンC)を分泌し、骨の成長を促進させます。

さらに、成長ホルモン自体も直接軟骨細胞に働きかけ、IGF-1の分泌を促進します。

IGF-1(ソマトメジンC)は骨端軟骨に働きかけ、長幹骨(大腿骨など)が長くなり、結果的に身長が伸びるというメカニズムです。


第2次性徴終了前に成長ホルモンサプリメントを使用
第2次性徴終了前に成長ホルモンサプリメントを始める場合であれば、かなりの高い確率で効果を実感できるといわれています。

ただし、成長曲線において-2.5SD以下で身長が推移している場合には、先天的な成長ホルモン分泌不全などの可能性がありますので、小児科医に相談して下さい。


第2次性徴終了後に成長ホルモンサプリメントを使用

もう背が伸びない年齢になってから成長ホルモンにチャレンジする人が大勢います。

成長ホルモンは第2次性徴終了前に利用するほうが確実に効果的ですが、成長ホルモンにはIGF-1(ソマトメジンC)を通じて、間接間の軟骨細胞を成長させる働きがあり、場合によっては第2次性徴終了後であっても身長が伸びるケースがあります。

身長が伸びるケースの大半は残念ながら1~2センチ程度にすぎませんが、中には数cm以上伸びる人がいます。

しかしながら、第2次性徴終了後、成長ホルモンを利用して背が伸びるか伸びないかを事前予想するのは困難です。

>>成長ホルモンサプリメント「HGH-21Program」の詳細はこちら<<


成長ホルモンについて
成長ホルモンは先天的低身長症治療薬>>
牛乳と身長の関係>>
身長と遺伝の関係>>
身長と収入の関係>>
女性から見た理想の身長>>
成長ホルモンとドーピング>>




貯蓄術