世界に通用する身体つくり~成長ホルモン

将来のJリーガー・日本代表を目指すなら、子供のうちから世界に通用する体つくりをしっかり作ることが大切です。
高校サッカーで活躍すればJリーグから指名され、Jリーグで活躍すれば日本代表に招集されます。 そして、ワールドカップで活躍すれば世界のサッカークラブチームからオファーがあります。

成長ホルモンは、世界に通用する身体つくりに大切な役割をしています。
・運動能力の上昇
・新機能改善(運動後の回復時間の短縮)
・心臓が血液を送り出す量の増加
・適正血圧の維持
・腎臓機能の向上
・視力の向上
・骨密度の維持
・ケガの治癒力の向上


成長ホルモンの働きは身長を伸ばすだけと思っていたら大間違い!


成長ホルモンを一躍有名にしたFCバルセロナのリオネル・メッシ選手

メッシ選手は169センチと決して大柄ではありませんが、世界のトッププレイヤーです。

なぜ、世界のトッププレイヤーになれたのか?

成長ホルモン分泌異常という病気を抱えていましたが、13歳のときにバルセロナの入団テストを受け当時の監督がメッシの素質を見出し契約を結びました。
バルセロナは成長ホルモンの大切さを知っており、人が一番成長する時期に成長ホルモンが分泌されないことは致命的です。
そのため、バルセロナは治療費を負担してまでメッシに世界で通用する身体つくりをしました。
もし、成長ホルモン治療を行わなければ今の活躍はなかったかもしれません。


成長ホルモンについて
成長ホルモンは先天的低身長症治療薬>>
牛乳と身長の関係>>
身長と遺伝の関係>>
身長と収入の関係>>
女性から見た理想の身長>>
成長ホルモンとドーピング>>


成長ホルモンの分泌が減少すると?

成長ホルモンの分泌が減少すると、世界に通用する体つくりに大きな影響を与えてしまいます。
・筋肉や骨が衰える
・運動能力が低下し、身体の動きが鈍くなる
・疲労からの回復が遅くなる
・集中力や記憶力の低下
・免疫力の低下


成長ホルモンが減少すると、子供にとって何一つ良いことはありません。

成長ホルモンの分泌が減少する原因
・不規則な生活
・睡眠不足
・栄養の偏りなど
・運動不足


現代の子供は、コンビニ食やファーストフード、夜更かしが当たり前になっています。 栄養バランスが崩れたり、夜中まで起きていると成長ホルモンの分泌が減少し、子供の成長の妨げになります。
昔から寝る子は育つといいますが、成長ホルモンは深い睡眠をとっているときが最も分泌 されます。

一流のプレイヤーは、栄養管理や睡眠、規則正しい生活をキチンとしています。


成長ホルモンの分泌が増加するメリット

運動能力の上昇
運動能力が上がればディフェンダーをかわしゴール前に飛び出しフリーになる、ディフェンダーならFWへのパスカット、シュートを打たせない素早い反応ができるようになります。

新機能改善(運動後の回復時間の短縮)
90分という長い試合時間、ハーフタイムでどれだけ体力を回復できるかはとても重要なことです。 体力の回復力が優れていると、後半戦でも体が動きライバルに差をつけることができます。

心臓が血液を送り出す量の増加し運動量アップ
全身の細胞に酸素が生き渡ることで、運動量が増えピッチを走り回ることができます。

視力の向上
視力が悪いからといって眼鏡やコンタクトレンズを付けるわけにはいきません。
監督の指示やチーム内でのアイコンタクトを見逃さないことがスーパープレイにつながります。

骨密度の維持し骨折しにく頑丈な体をつくる
サッカーはボールの奪い合いやタックルなど、選手同士のぶつかり合いが多いスポーツです。骨密度が弱いと骨折や骨にヒビが入りやすくなります。
牛乳や魚でカルシウムを摂るだけでは骨は丈夫になりません。カルシウムを骨に変える役割を持っているのが成長ホルモンです。
骨の成長期は13~17歳といわれていますので、成長ホルモンは不可欠です。

ケガの治癒力の向上
サッカー選手にとって怪我は選手生命を絶たれる危険性を持っています。また、ケガによって長期間のリハビリで試合に出場することができないこともあります。
小さなケガが大きなケガに発展しないように治癒力を高めることはとても大切です。


成長ホルモンニュース



【おススメ情報♪】
子供がニキビで悩んでいると「子供のにきびを治してあげたい!」と思うのが親心ですよね!子供のにきびを治すためにプロアクティブを購入したお母さんは大満足してしいます。

貯蓄術